素早く、質の良い仕事を 泉左官住設株式会社
伝統の技がここにある
会社案内 左官 製品案内 工事種類 施工実績 採用情報 相談 お問い合わせ リンク
柿渋は我が国では古くから紙、布、漁網の染料や漆器の下塗り等に用いられており、これは、柿タンニンが容易に不溶性の強靱な被膜を形勢する性質を利用したものである。
柿渋の科学 柿渋の性状
柿タンニンの除蛋白能 色と匂い
柿渋の製法 粘度とゼリー化

土蔵改修工事をいたします。

けやき古材ブロック
築100年以上の古屋を解体した時に構造材として利用されたいた柱や梁を板状にして再利用して作った天然のブロック。 長年かけて自然乾燥しているので伸縮がほとんど起きない。
幅や長さは、50mm〜500mmのランダム。厚みは、15mm〜30mm程度。下地は構造用合板を利用、ボンド等で直下貼り。仕上げは、柿渋を塗料として利用することが多い。
 

総合建設業 知事許可第15400号
泉左官住設株式会社
〒503-2417 岐阜県揖斐郡池田町本郷1094-6
TEL.0585-45-4127 FAX.0585-45-8346
【揖斐川支店】〒501-0603 岐阜県揖斐郡揖斐川町上南方673-1 TEL.0585-22-6500
ISO9001 ISO14001認証取得
Copyright(C)2002 PLASTERMAN;ALL right reserved. info@plasterman.co.jp